前へ
次へ

交通事故の交渉に備えて現場を撮影

交通事故の直後は、できるだけ色々な証拠を押さえておく方が良いと言われることがあります。
実際その通りで、後々の交渉を有利に進められる事が多いからです。
スマホのカメラも活用して、できるだけ撮影しておくと良いでしょう。
交通事故が発生してから日数がしばらく経過すると、相手側と示談交渉する事があります。
色々請求するお金があるので、話し合いするケースも多いです。
その交渉を有利に進められるかどうかは、証拠に左右されます。
実際の状況が分かる証拠が揃っている方が、有利に進められる事は間違いありません。
相手に対して口頭で主張しても、なかなか受け入れられない事があります。
そもそも口頭の主張は、客観性に問題があると見なされる事もあるからです。
それよりも、物的証拠の方が優先されます。
口頭の主張よりも、画像や動画などの証拠がある方が、説得力もあるでしょう。
ですから事故に関する証拠を押さえておくに越した事はありません。

【任意売却専門】札幌の北海道住宅ローン救済センター

企業法務の未来に貢献できる人になりたい

税務調査に不服があればお客様とともに裁判も行います
見解の相違などで税務署側に不服があれば、お客様の希望に合わせて異議申し立て・裁判などのサポートもします。

御社に合わせたシュミレーション|吉野コンサルティングオフィス

大阪の最新助成金情報をお届け

どうすれば証拠を押さえられるかというと、やはり写真撮影です。
事故が起きた直後は、重要な物はできるだけ撮影しておくと良いでしょう。
口頭で主張するよりも、写真データの方が有利になるからです。
ちなみに写真は、もちろんスマホでも構いません。
スマホには便利なカメラ機能がありますし、できるだけ現場の光景を撮影しておくのが無難です。
それと、できればドライブレコーダーを実装しておく方が良いでしょう。
いわゆるビデオカメラですが、それを車に設置しておくだけでも有利になるケースもあります。
例えば車同士の距離です。
相手と交渉する際には、この距離は大きな決め手になる事も多いです。
支払われる金額にも大きな影響を及ぼしますし、距離を把握しておくに越した事はありません。
ですが画像がないと、なかなか距離が分からないでしょう。
そこでドライブレコーダーが役立つわけです。
ドライブレコーダーには、事故直後の画像も撮影されています。
車と車の距離がどれだけ離れていたか、全て撮影されている訳です。
それも有力な証拠になりますから、車にレコーダーを設置しておくに越した事はありません。

Page Top